Arch系ディストリビューションの共通設定

2024-05-07

基本の設定

最初に行うこと

# archinstall のログを削除
# ログにユーザーパスワードが含まれているので削除。
sudo rm -rf /var/log/archinstall/

# 高速なミラーサーバを選択
sudo pacman -Sy
sudo pacman -S --needed archlinux-keyring reflector rsync
sudo reflector -c jp -f 5 --save /etc/pacman.d/mirrorlist
sudo pacman -Sy

mkdir -p ~/tmp_arch
cd ~/tmp_arch/

# AUR パッケージをビルドするときのスレッド数を論理プロセッサ数にする
sudo pacman -S --needed wget
wget https://gitlab.archlinux.org/archlinux/packaging/packages/pacman/-/raw/main/makepkg.conf
sed -i -e 's,#MAKEFLAGS="-j2",MAKEFLAGS="-j\$(nproc)",g' makepkg.conf

# debug パッケージを作らない
sed -i -e 's,purge\ debug\ lto,purge\ \!debug\ lto,g' makepkg.conf
sudo cp -f makepkg.conf /etc/

# yay をインストール
wget https://aur.archlinux.org/cgit/aur.git/snapshot/yay-bin.tar.gz
tar -xf yay-bin.tar.gz
cd yay-bin/
makepkg -is
cd ~/tmp_arch/

# パッケージのビルドディレクトリを tmpfs にする
yay --builddir=/tmp/yay --save

# パッケージのキャッシュを削除
sudo rm -rf /var/cache/pacman/pkg/

# パッケージのダウンロード先を tmpfs にする
cp /etc/pacman.conf .
sed -i -e 's,.*CacheDir.*,CacheDir\ \ \ \ \=\ \/tmp\/cache\/pacman\/pkg\/,g' pacman.conf
sudo cp -f pacman.conf /etc/

# ファイアウォールを設定
yay -S --needed ufw
sudo ufw default deny
sudo ufw allow from 192.168.0.0/24
sudo ufw limit ssh
sudo ufw enable
sudo systemctl enable ufw

# 許可するアプリを追加
sudo ufw allow Transmission
# 追加したアプリを削除
# sudo ufw delete allow Transmission

# ファイアウォールの状態を確認
sudo ufw status

# NetworkManager がDNSサーバを変更しないようにする
mkdir -p ~/tmp_arch
cd ~/tmp_arch
cp /etc/NetworkManager/NetworkManager.conf .
printf "
[main]
dns=none" >> NetworkManager.conf
sudo mv NetworkManager.conf /etc/NetworkManager/

# DNSサーバを Cloudflare に変更
printf "nameserver 2606:4700:4700::1111
nameserver 2606:4700:4700::1001" > resolv.conf
sudo mv resolv.conf /etc/

# Cloudflare に障害が発生した場合は Google Public DNS を使う
# printf "nameserver 2001:4860:4860::8888
# nameserver 2001:4860:4860::8844" > resolv.conf
# sudo mv resolv.conf /etc/

# NetworkManager を再起動してDNSサーバを確認
sudo systemctl restart NetworkManager
yay -S --needed bind
dig https://www.youtube.com | grep SERVER

# ;; SERVER: 2606:4700:4700::1111#53(2606:4700:4700::1111) (UDP)

# 日本の時刻サーバに変更
yay -S --needed ntp

printf 'server 0.jp.pool.ntp.org iburst
server 1.jp.pool.ntp.org iburst
server 2.jp.pool.ntp.org iburst
server 3.jp.pool.ntp.org iburst
' > ntp.conf

sudo mv ntp.conf /etc/ntp.conf
sudo systemctl enable ntpd

# ntpd の動作確認
systemctl status ntpd | grep Active
# Active: active (running)

# 「デスクトップ」などのディレクトリが作られるのを止める
printf 'XDG_DESKTOP_DIR="$HOME"
XDG_DOWNLOAD_DIR="$HOME"
XDG_TEMPLATES_DIR="$HOME"
XDG_PUBLICSHARE_DIR="$HOME"
XDG_DOCUMENTS_DIR="$HOME"
XDG_MUSIC_DIR="$HOME"
XDG_PICTURES_DIR="$HOME"
XDG_VIDEOS_DIR="$HOME"
' > ~/.config/user-dirs.dirs

# コアダンプを無効にする
printf "kernel.core_pattern=/dev/null" > 50-coredump.conf

sudo mv 50-coredump.conf /etc/sysctl.d/50-coredump.conf
sudo sysctl -p /etc/sysctl.d/50-coredump.conf

# 既存のダンプファイルを削除
sudo rm /var/lib/systemd/coredump/*

# CPUの脆弱性が緩和されているかを確認
# 「SUMMARY」がすべて「OK」(緑色)になっていれば問題ない。
mkdir -p ~/tmp_arch
cd ~/tmp_arch/
wget https://github.com/speed47/spectre-meltdown-checker/raw/master/spectre-meltdown-checker.sh
sudo sh spectre-meltdown-checker.sh

# systemd-boot の起動メニューを自動的に更新
yay -S --needed kernel-install-mkinitcpio 

# ディスプレイマネージャのフォントを NotoSansCJK-Regular.ttc に変更
# 日中韓の文字を表示でき、容量が小さめ(19MB)。
# フォントのファイル名からフォント名を調べるには次のようにする。
# LC_ALL=C fc-match -a | grep NotoSansCJK-Regular.ttc
mkdir -p ~/tmp_arch
cd ~/tmp_arch/
wget -N https://github.com/googlefonts/noto-cjk/raw/main/Sans/OTC/NotoSansCJK-Regular.ttc
sudo mkdir -p /usr/share/fonts/TTF/
sudo cp NotoSansCJK-Regular.ttc /usr/share/fonts/TTF/

printf '<?xml version="1.0"?>
<!DOCTYPE fontconfig SYSTEM "urn:fontconfig:fonts.dtd">
<fontconfig>
  <description>Set preferable fonts for non-Latin</description>
    <alias>
        <family>serif</family>
        <prefer>
            <family>Noto Sans CJK JP</family>
        </prefer>
    </alias>
    <alias>
        <family>sans-serif</family>
        <prefer>
            <family>Noto Sans CJK JP</family>
        </prefer>
    </alias>
    <alias>
        <family>monospace</family>
        <prefer>
            <family>Noto Sans Mono CJK JP</family>
        </prefer>
    </alias>
    <alias>
        <family>system-ui</family>
        <prefer>
            <family>Noto Sans Mono CJK JP</family>
        </prefer>
    </alias>
</fontconfig>' > 65-nonlatin.conf

sudo cp -f 65-nonlatin.conf /usr/share/fontconfig/conf.avail/

# /home にも Noto Sans CJK をインストール
# 日本語フォントをインストールしないディストリビューションを使用したときでも、
# 管理者権限で実行するアプリ(SDDM など)以外なら日本語を表示できるようになる。
mkdir -p ~/.local/share/fonts/
cp -f NotoSansCJK-Regular.ttc ~/.local/share/fonts/

AMDのGPUを使用している場合

ドライバをインストール。

yay -S --needed xf86-video-amdgpu libva-mesa-driver vulkan-radeon libva-utils

音が出ない場合

yay -S --needed pavucontrol
pavucontrol


「設定」タブを開いて、使用しないデバイスを「オフ」にする。

日本語を入力できるようにする

fcitx5 と mozc をインストール

yay -S --needed fcitx5 fcitx5-configtool fcitx5-gtk fcitx5-qt fcitx5-mozc

# 古い設定ファイルを削除
rm -f ~/.pam_environment

# fcitx5 をデフォルトの入力メソッドにする
printf 'export GTK_IM_MODULE=fcitx
export QT_IM_MODULE=fcitx
export XMODIFIERS=@im=fcitx
' > ~/.xprofile

ログアウト/ログインして設定を有効にする。

fcitx5 を設定

fcitx5-configtool 


「入力メソッド」タブを開き、「現在の入力メソッド」に Mozc があるのを確認する。なければ右側の「有効な入力メソッド」から追加して、「適用」を押す。


「グローバルオプション」タブを開き、一番下までスクロール。「第1入力メソッドの情報を表示する」のチェックを外して、「適用」を押す。


「アドオン」タブを開く。検索欄に「クラシック」と入力して、ヒットした「クラシックユーザーインタフェース」の「設定」を押す。


フォントを変更する。
変換候補を横に並べたいときは「候補ウィンドウを縦にする」のチェックを外す。


「アドオン」タブを開く。検索欄に「mozc」と入力して、ヒットした「Mozc」の「設定」を押す。


「用例を表示」を「ホットキー」にする。
「プリエディットカーソルをプリエディットの先頭に固定する」のチェックを外す。
変換候補を横に並べたいときは「候補を縦に並べる」のチェックを外す。

mozc の変換精度が下がってきた場合

/usr/lib/mozc/mozc_tool --mode=config_dialog

「辞書」タブを開き、「学習履歴のクリア」をクリック。

fcitx5 の設定を初期化する場合

rm -rf ~/.config/fcitx5/
rm -rf ~/.local/share/fcitx5/
rm -rf ~/.config/fcitx/

その他

不要な UEFI ブートエントリを削除

BootCurrent の番号を確認。

efibootmgr

# BootCurrent: 0000
# Timeout: 1 seconds
# BootOrder: 0000,0001
# Boot0000* Linux Boot Manager
# Boot0001* ubuntu

BootCurrent 以外のエントリを削除。

sudo efibootmgr -b 0001 -B

# BootCurrent: 0000
# Timeout: 1 seconds
# BootOrder: 0000
# Boot0000* Linux Boot Manager

ディスプレイマネージャを SDDM に変更

# SDDM をインストール
yay -S --needed sddm
sudo systemctl -f enable sddm

# 古いディスプレイマネージャを削除するときは再起動後に行う。
# 現在使用しているディスプレイマネージャを削除するとフリーズする。

mousepad で文字を置換すると強制終了してしまう場合

rm -rf ~/.config/dconf/

LXQt: アイコンをクリックしても数十秒間起動しない場合

sudo pacman -Rdd xdg-desktop-portal-gnome
sudo pacman -S xdg-desktop-portal-lxqt

他のデスクトップの場合はこちらを参考にする。

音量をショートカットキーで調節

次のコマンドをショートカットキーに登録する。

# 音量アップ
pactl set-sink-volume @DEFAULT_SINK@ +2%
# 音量ダウン
pactl set-sink-volume @DEFAULT_SINK@ -2%

画面の明るさをショートカットキーで調節

アクティブなモニタを確認。

xrandr --listactivemonitors

# 0: +*HDMI-A-0 1920/708x1080/398+0+0  HDMI-A-0

次のコマンドをショートカットキーに登録する。

# 画面の明るさを上げる
xrandr --output HDMI-A-0 --brightness 1.2

# 画面の明るさを元に戻す
xrandr --output HDMI-A-0 --brightness 1

暗めの場面のとき一時的に明るくできて便利。

メモリクロックを確認

udevadm info -e | grep -e MEMORY_DEVICE | grep SPEED

# E: MEMORY_DEVICE_1_SPEED_MTS=4000
# E: MEMORY_DEVICE_1_CONFIGURED_SPEED_MTS=4000
# E: MEMORY_DEVICE_3_SPEED_MTS=4000
# E: MEMORY_DEVICE_3_CONFIGURED_SPEED_MTS=4000

$HOME のバックアップと復元

$HOME にある 100MB 以下のファイルを、$HOME/_tmp/home_backup/ にバックアップする。

mkdir -p $HOME/_tmp

rsync -av --delete --delete-excluded \
--max-size=100m \
--exclude=.cache \
--exclude=.ccache \
--exclude=.config/chromium/Default/Service\ Worker \
--exclude=.config/chromium/Safe\ Browsing \
--exclude=.icons \
--exclude=.local/share/icons \
--exclude=.local/share/Trash \
--exclude=_tmp \
$HOME/ $HOME/_tmp/home_backup/

home_backup を tar.zst 形式で圧縮して、USBメモリに保存。
これがあれば、SSD が壊れても最低限のファイルは残せる。

cd $HOME/_tmp/
tar --zstd -cf home_backup.tar.zst home_backup/

$HOME を復元

# tmpfs に圧縮ファイルをコピー
cp home_backup.tar.zst /tmp

cd /tmp
tar -xf home_backup.tar.zst
rsync -av /tmp/home_backup/ $HOME/

再起動する。

SSD の書き込み量を確認

yay -S --needed smartmontools
sudo smartctl -a /dev/nvme0 | grep "Data Units Written"
# Data Units Written: 462,559 [236 GB]

SSD の健康状態を確認

# オフラインテスト
sudo smartctl -a /dev/nvme0 | grep "SMART overall-health"
# SMART overall-health self-assessment test result: PASSED

# ショートテスト
sudo smartctl -t short /dev/nvme0

ext4 の予約ブロックを 0 にする

ext4 のデフォルトでは、5%の領域が予約ブロックになっている。これを解放すると空き容量が増える。

/home パーティションのデバイスを確認する。

df -BM | grep home

# /dev/nvme0n1p3    1856024M 350985M 1411670M   20% /home

/dev/nvme0n1p3 の予約ブロックを 0 にする。

sudo tune2fs -m 0 /dev/nvme0n1p3

WDの IntelliPark を無効にする

現在は無効にできない製品が多い。その場合は下の「一時的に回避する」を行う。

yay -S --needed idle3-tools
sudo idle3ctl -d /dev/sdX

電源を切る(再起動ではなく完全にオフにする)。
電源を入れて、IntelliPark が無効になっているかを確認する。

sudo idle3ctl -g /dev/sdX

# Idle3 timer is disabled

WDの IntelliPark を一時的に回避する

IntelliPark を無効にできない製品の場合は、7秒ごとにHDDにアクセスすることで発動を回避する。

printf '#!/bin/sh

while true
do
  sudo smartctl -a $1 | grep Load_Cycle_Count
  sleep 7
done' > prevent-intellipark

chmod a+x prevent-intellipark

sudo cp prevent-intellipark /usr/bin/

# /dev/sdX の IntelliPark を一時的に回避する
prevent-intellipark /dev/sdX

HDDスタンド(KURO-DACHI/CLONE/CRU3)を使用してUSB接続した場合は、「sleep 7」を「sleep 180」に緩和しても発動を回避できた。

Realtek: サスペンドから復帰するとネットに接続できない場合

r8168 ドライバを使用している場合は r8169 ドライバに変更する。

yay -Rs r8168

再起動する。

キーリピートが効かない場合

xset r on

60分後にサスペンド

date && sleep 60m && systemctl suspend

Openbox: マウスホイールでウィンドウを前面に出す

mousepad ~/.config/openbox/rc.xml

<context name=“Client”> の下に次の行を加える。

    <context name="Client">
      <mousebind button="Up" action="Click">
        <action name="Focus"/>
        <action name="Raise"/>
      </mousebind>
      <mousebind button="Down" action="Click">
        <action name="Focus"/>
        <action name="Raise"/>
      </mousebind>

個人的に必要なパッケージをインストール

# 公式パッケージ
yay -S --needed bash-completion less p7zip chromium cmake evince poppler-data file-roller p7zip filezilla gnome-disk-utility mousepad mpv noto-fonts-emoji ripgrep rsync ruby ruby-irb ruby-rdoc ristretto webp-pixbuf-loader pngquant pavucontrol wget xorg-xrandr yt-dlp lm_sensors xfce4-sensors-plugin xf86-video-amdgpu libva-mesa-driver vulkan-radeon libva-utils fcitx5 fcitx5-configtool fcitx5-gtk fcitx5-qt dosfstools ntfs-3g

# Rubyライブラリ
gem install bzip2-ffi parallel

# mousepad のカーソル位置を常に1行目にする
mkdir -p ~/tmp_arch
cd ~/tmp_arch/
cp -f /usr/share/applications/org.xfce.mousepad.desktop .
sed -i -e 's,Exec=mousepad %U$,Exec=mousepad -l 1 %U,g' org.xfce.mousepad.desktop
sudo cp org.xfce.mousepad.desktop /usr/share/applications/org.xfce.mousepad.desktop

# アップデートが来ても無視するパッケージ
mkdir -p ~/tmp_arch
cd ~/tmp_arch/
cp /etc/pacman.conf .
sed -i -e 's,#IgnorePkg   =,IgnorePkg   = fcitx5-mozc-ut,g' pacman.conf
sudo mv -f pacman.conf /etc/pacman.conf

# マウスカーソル
mkdir -p ~/tmp_arch
cd ~/tmp_arch/
wget https://github.com/yeyushengfan258/Future-cursors/archive/refs/heads/master.zip -O Future-cursors-master.zip
7z x Future-cursors-master.zip
cd Future-cursors-master/
sh install.sh

# アイコン
mkdir -p ~/tmp_arch
cd ~/tmp_arch/
wget https://github.com/PapirusDevelopmentTeam/papirus-icon-theme/archive/refs/heads/master.zip -O papirus-icon-theme-master.zip
7z x papirus-icon-theme-master.zip
mkdir -p ~/.local/share/icons
rm -rf ~/.local/share/icons/Papirus*
mv papirus-icon-theme-master/Papirus* ~/.local/share/icons/
cd ~/.local/share/icons/

# Mozc 用のモノクロアイコンを削除
rm -f Papirus*/*/*/*mozc*

gtk-update-icon-cache Papirus
gtk-update-icon-cache Papirus-Dark
gtk-update-icon-cache Papirus-Light

# テーマ
mkdir -p ~/tmp_arch
cd ~/tmp_arch/
wget https://github.com/daniruiz/skeuos-gtk/archive/refs/heads/master.zip -O skeuos-gtk-master.zip
7z x skeuos-gtk-master.zip
mkdir -p ~/.local/share/themes
rm -rf ~/.local/share/themes/Skeuos-Blue-*
mv skeuos-gtk-master/themes/Skeuos-Blue-* ~/.local/share/themes/

# ~/.bashrc の設定
printf 'EDITOR=/usr/bin/mousepad
export XCURSOR_PATH="~/.local/share/icons/"

alias df="df -h"
alias du="du -h"
alias irb="irb --noautocomplete"
alias rg="rg --ignore-case \
  --colors path:fg:0x34,0x83,0xE3 \
  --colors line:fg:0x34,0x83,0xE3 --colors match:bg:0x34,0x83,0xE3 \
  --colors match:fg:white"
alias yt-dlp-fhd="yt-dlp -S res:1080"

# ディレクトリをサイズ順に並べる
alias duu="du -BM -d1 | sort -n"

# ファイルリストを縦に並べる
alias ls="ls -1"
' > ~/.bashrc

HOME