ArcoLinux: 2. インストール後の設定

20200304

基本の設定

pacman の設定ファイルを編集してインストール

mkdir tmp_pacman
cd tmp_pacman/

# Arch公式の pacman パッケージをダウンロード
wget https://www.archlinux.org/packages/core/x86_64/pacman/download/ -O pacman.tar.xz
tar xf pacman.tar.xz

# CPUのコア数に応じたスレッド数でビルドを行う
cd etc/
sed -i -e 's/#MAKEFLAGS="-j2"$/MAKEFLAGS="-j\$(nproc)"/g' makepkg.conf

# 作成したパッケージを xz で圧縮しない(時間がかかるので)
sed -i -e "s/PKGEXT='.pkg.tar.xz'$/PKGEXT='.pkg.tar.gz'/g" makepkg.conf

# (オプション)multilib を有効にする
sed -i -e "/\[multilib\]/,/Include/"'s/^#//' pacman.conf

# 設定ファイルをインストール
sudo cp -f * /etc/

mirrorlist を日本のサイトにする

sudo reflector -c Japan -f 5 --save /etc/pacman.d/mirrorlist
sudo pacman -Sy

テキストエディタをインストール

sudo pacman -S l3afpad mousepad

「デスクトップ」などのディレクトリが作られるのを止める

rm -f ~/.config/user-dirs.dirs
printf 'XDG_DESKTOP_DIR="$HOME"
XDG_DOWNLOAD_DIR="$HOME"
XDG_TEMPLATES_DIR="$HOME"
XDG_PUBLICSHARE_DIR="$HOME"
XDG_DOCUMENTS_DIR="$HOME"
XDG_MUSIC_DIR="$HOME"
XDG_PICTURES_DIR="$HOME"
XDG_VIDEOS_DIR="$HOME"' > ~/.config/user-dirs.dirs

コアダンプを無効にする

# 設定ファイルを編集
sudo sed -i -e '/^#\ End\ of\ file$/i *\ hard\ core\ 0' /etc/security/limits.conf

# 既存のダンプファイルを削除
sudo rm /var/lib/systemd/coredump/*

CPUのマイクロコードをアップデート

Intelの場合

sudo pacman -S intel-ucode 
sudo grub-mkconfig -o /boot/grub/grub.cfg

AMDの場合

sudo pacman -S amd-ucode
sudo grub-mkconfig -o /boot/grub/grub.cfg

再起動して脆弱性が緩和されているか確かめる

wget https://github.com/speed47/spectre-meltdown-checker/raw/master/spectre-meltdown-checker.sh
sudo sh spectre-meltdown-checker.sh

SUMMARYがすべて「OK」(緑色)になっていれば問題ない。

Arch の LightDM テーマをインストール

sudo pacman -S lightdm-gtk-greeter

オプション: ディスプレイマネージャーを SDDM に変更

sudo pacman -S sddm
sudo systemctl -f enable sddm

Arch の SDDM にはテーマが複数入っているので、好みに応じて変更する。

# インストールされているテーマを確認する
ls /usr/share/sddm/themes/

# "maldives" テーマを試す
sddm-greeter --test-mode --theme /usr/share/sddm/themes/maldives/

# "maldives" テーマに変更する
sudo sed -i -e "s/Current=.*/Current=maldives/g" /usr/lib/sddm/sddm.conf.d/default.conf

ディスプレイマネージャーを LXDM に変更するのは避ける。LXDM を使うと、Xfce でマウスカーソルのテーマを変更しても一部が反映されなかった。LightDM か GDM か SDDM が良い。

grub2のテーマを Vimix に変更

USBメモリを差し込んでいるときは抜いておく。

mkdir tmp_vimix
cd tmp_vimix/
git clone --depth=1 https://github.com/vinceliuice/grub2-themes.git
cd grub2-themes/
# FHDの場合
sudo sh install.sh -v
# 4Kの場合
sudo sh install.sh -v -4
# 削除する場合
sudo sh install.sh -r -v

ArcoLinux の独自パッケージを削除

sudo pacman -Rns $(pacman -Qq | grep arcolinux)

時刻を合わせる

sudo ntpdate -u ntp.nict.jp && sudo hwclock -w

“-u” を付けないと “the NTP socket is in use, exiting” と表示されて失敗する。

使用しない音声出力をオフにする

音声の出力先が複数あると音が出ないことがある。

pavucontrol

「設定」タブを開いて、使用しないものを「オフ」にする。

pamac のインストールと設定

pamac をインストール

wget https://aur.archlinux.org/cgit/aur.git/snapshot/pamac-aur-git.tar.gz
tar xf pamac-aur-git.tar.gz
cd pamac-aur-git/
makepkg -i

pamac で不要な大きいパッケージを削除

不要な大きいパッケージを削除しておくとシステムのアップデートにかかる時間を短縮できる。

pamac-manager

上部の「インストール済み」をクリック。マウスカーソルがビジー状態になるので、処理が終わるまで数秒待つ。
右上の「関連度」を「サイズ」に変更。「削除」を押して不要なパッケージを削除する。

AURのサポートを有効にする

右上の「︙」をクリックして「設定」をクリック。

「高度な設定」タブを開く。「不要になった依存パッケージを削除する」をオンにする。

「AUR」タブを開く。「AURサポートを有効にする」をオンにする。
「AURのアップデートを確認する」にチェックを入れる。

システムをアップデート

上部の「アップデート」をクリック。

パッケージのキャッシュを削除

システムをアップデートするたびにキャッシュが溜まっていくので、アップデート後の動作に問題がなければキャッシュを削除する。キャッシュをすべて削除する場合は「キャッシュに保存するパッケージのバージョン数」を 0 にする。

日本語対応を整える

ヒンティングを無効にする

rm -f ~/.config/fontconfig/fonts.conf
printf '<?xml version="1.0"?>
<!DOCTYPE fontconfig SYSTEM "fonts.dtd">
<fontconfig>
<match target="font">
    <edit mode="assign" name="antialias">
        <bool>true</bool>
    </edit>
    <edit mode="assign" name="hinting">
        <bool>false</bool>
    </edit>
    <edit mode="assign" name="hintstyle">
        <const>hintnone</const>
    </edit>
    <edit mode="assign" name="rgba">
        <const>rgb</const>
    </edit>
</match>
</fontconfig>' > ~/.config/fontconfig/fonts.conf

​デスクトップ環境によっては fonts.conf とは別のフォント設定を持つものがあり、fonts.conf の内容が反映されない。例えば Xfce の場合は追加で次の設定を行う必要がある。

xfce4-appearance-settings

「フォント」タブを開き、ヒンティングを「なし」にする。

普段使っているフォントを /home にコピー

cp *.ttf ~/.local/share/fonts/

ここにコピーしたフォントは sudo で実行するアプリでは利用できないので注意。~/.fonts/ は廃止された

日本語入力システムをインストール

必要なパッケージをインストール。

sudo pacman -S fcitx-mozc fcitx-gtk2 fcitx-gtk3 fcitx-qt5 fcitx-configtool

# fcitxを自動的に起動させる
rm -f ~/.xprofile
printf 'export GTK_IM_MODULE=fcitx
export QT_IM_MODULE=fcitx
export XMODIFIERS="@im=fcitx"
fcitx-autostart &' > ~/.xprofile

# fcitxパッケージの自動起動用ファイルを削除。
# これがあると ibus と fcitx の両方が入っている場合でも必ず fcitx が立ち上がる
sudo rm /etc/xdg/autostart/fcitx-autostart.desktop

コンソールのキーボード配列を jp106 にする

localectl set-keymap --no-convert jp106

その他の設定

画面の明るさを変更する

アクティブなモニタを確認。

xrandr --listactivemonitors
=> 0: +HDMI2 1920/710x1080/400+0+0  HDMI2

HDMI2の画面の明るさを20%アップする。

xrandr --output HDMI2 --brightness 1.2

元の明るさに戻す。

xrandr --output HDMI2 --brightness 1

ショートカットに登録しておくと、暗めの場面のとき一時的に明るくできて便利。

時刻サーバを変更

sudo pacman -S ntp
# 設定ファイルを変更
printf "server ntp.nict.jp iburst" > ntp.conf
sudo mv /etc/ntp.conf /etc/ntp.conf.bak
sudo mv ntp.conf /etc/ntp.conf
# ntpd を再起動
sudo systemctl restart ntpd
# 正常に動作しているか確認
sudo ntpq -p

# Xfce: 音量をショートカットキーで調節

xfce4-keyboard-settings

「アプリケーションショートカットキー」タブを開く。「追加」を押す。

音量を上げるキーを設定。コマンド欄に「pactl set-sink-volume 0 +2%」と入力する。
音量を下げるキーを設定。コマンド欄に「pactl set-sink-volume 0 -2%」と入力する。

# Xfce: ログイン後に自動的に開始されるアプリを減らす

xfce4-session-settings

「自動開始アプリケーション」タブを開く。不要なアプリのチェックを外す。

キーリピートが効かないときは

xset r on

/home パーティションの予約ブロックを 0 にする

ext4 では5%の領域が予約ブロックになっている。これを解放すると空き容量が増える。

/home パーティションの番号を確認する。

df | grep \/home
=> /dev/sda3  440G  137G  303G  32%  /home

/dev/sda3 の予約ブロックを 0 にする。

sudo tune2fs -m 0 /dev/sda3

デフォルトのウェブブラウザを変更

chromium にする場合

xdg-settings set default-web-browser chromium.desktop

firefox にする場合

xdg-settings set default-web-browser firefox.desktop

個人的に必要なパッケージをインストール

# emelfm2
mkdir tmp_build
cd tmp_build/
wget https://git.archlinux.org/svntogit/community.git/plain/trunk/PKGBUILD?h=packages/emelfm2 -O PKGBUILD
sed -i -e "s/depends=('gtk2')/depends=('gtk3')/" PKGBUILD
sed -i -e "s/build() {/build() {\n  CFLAGS=\"-fcommon\"/" PKGBUILD
sed -i -e "s/make PREFIX=\/usr/make PREFIX=\/usr WITH_KERNELFAM=1 WITH_GTK3=1 WITH_SYSTEM_ICONS=1/" PKGBUILD
makepkg -i

# マウスカーソル
cd ~/.local/share/icons/
rm -rf *
wget https://github.com/numixproject/numix-cursor-theme/releases/download/v1.1/numix-cursor-1.1.tar
tar xf numix-cursor-1.1.tar
rm numix-cursor-1.1.tar
# アイコン
wget https://github.com/PapirusDevelopmentTeam/papirus-icon-theme/archive/master.zip
7z x master.zip
mv -f papirus-icon-theme-master/* .
rm -rf papirus-icon-theme-master/
rm master.zip

# その他のパッケージ
sudo pacman -S cmake evince poppler-data file-roller p7zip filezilla gnome-disk-utility gtk-engines mpv libva-utils ruby ruby-irb the_silver_searcher viewnior wine youtube-dl

~/.bashrc を設定

EDITOR=/usr/bin/mousepad
alias df="df -h"
alias du="du -h"
# ディレクトリをサイズ順に並べる
alias duu="du -BM -d1 | sort -n"
alias leafpad="l3afpad"
# ファイルリストを縦に並べる
alias ls="ls -1"
alias xterm="xfce4-terminal"
# ~/downloads/hdd_index/ 内のファイルを検索する
function agg () {
   ag "$1" ~/downloads/hdd_index/
}

HOME